金融機関との取引では、信用を築いていくことが重要になりますので、即日カードローンで借りられる限度額は、正社員で安定収入がある人でも50万円以下になることが多いようです。住宅ローンを借りているとか、給与振込み口座に指定しているなど、取引を継続してきて信用が築けている場合には、高額な融資をしてもらえる可能性も上がります。

その金融機関で信用をあげていることはもちろんですが、他社からのローンやクレジットカードでも延滞をしないように気をつけておきましょう。とある銀行で信用を築けていても、別の銀行では金融事故を起こしてしまっていては、個人信用情報機関で情報が共有されているため、すべての銀行で信用が落ちることになってしまいます。

即日カードローンでは、正社員の人は50万円程度、派遣社員、契約社員の人は30万円程度、アルバイトの人は20万円程度が目安になるでしょう。もちろん、年収や勤続年数などの属性によっても異なってきます。年収が高い人は、それだけ余裕があるので、高い限度額で借りられる可能性があります。しかし、他社からの借り入れがある人は要注意です。例えば、年収が800万円ある人でも、借金の返済で年間500万円が使われるのであれば、年収300万円の人と実質的に使えるお金は変わりません。また、年収が高い人はそれだけ生活レベルが高かったり、子供の教育に費用をかけているので、年収に対して大きな割合を借りることは難しくなります。消費者金融審査甘いなら年収の3分の1までしか借りられないと法律で定められています。銀行ではそのような規制はありませんが、年収の3割から5割くらいが限度になるでしょう。